あっという間に10年

未分類

2011年3月11日の東日本大震災から10年。

その頃は、学連を卒部してアマチュアとしてのキャリアをスタートしようとしている頃でした。

あの日、私は国際展示場近くにあったDTC(今は無くなってしまったようですが、JDSFの本部とフロアがあった場所)におり、次の日に行われる東京オープンに向けて来日している選手のレッスンを受けていました。

地上よりも少し低いところにあったフロアですが、すごく揺れているのがよくわかり

急いで外に出ても、船の上にいるように揺れていたのを覚えています。

建設中のビルの上の重機もガシャンガシャン音を立てていて、すごく怖い光景でした。

電車も止まり、身動きを取れなくなった私たちはフロアに泊まることに。

その時いたのは、アマチュア時代の私のカップル含め、日本のカップル3組、海外カップル2組と役員さん数名。

しばらくすると津波の情報が。

私の地元も被害を受けているというニュースが流れてきて、すぐに母に電話をかけましたがなかなかつながらず

祈るような気持ちで電話をかけ続けたのを覚えています。

結局、実家に津波の被害はなかったのですが、液状化やら、商売やっているのですが商品が落ちてダメになったりといったことはあったみたいです。

先日も、東北の方で大きな地震がありましたが(東京も結構長い時間揺れましたね)

東日本大震災以降、地震に恐怖を感じる感覚が強くなったので、少し大きな揺れがあると結構気が気じゃないです。

私でこうなんだから、一番被害の大きかったところにいた方々はこれとは比べ物にならないくらい恐怖を感じ、苦しんでいらっしゃるんだろうなと、胸が痛みます。

それでも、前を向いて復興のために頑張っているその人たちは、たくさんのものと闘い続けて今この10年という節目を迎えているのですね。

”今日”という日を迎えても、また明日が始まって、また次の日が来て、1週間経って、1ヶ月、1年、そしてまた10年。

時間は流れてゆくけれど、止まってしまった時間もあるかもしれない。

たくさんの人たちの、色々な時間の流れ方が重なって、いつかみんなが前を向ける日が来るといいなと願います。

願いは叶います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました