癖になってしまったものを治すのは単純だけど大変。首痛いの治れ〜

未分類

昨年の年末に突然顎関節症になり、そこを庇ってか首、肩まで痛くなってきて、全然首が回らない状態になった。

それを今まで引きずり、最近ようやく治りそうな兆しが見えてきた。

まだ痛いけど

どこか一か所が本来の体の配置からズレたところに長時間固定されて、痛くなったり違和感が出てきたりすることがある。

これが、肩こりだったり、膝の痛みだったりにつながる。

私の場合は、ある種類のマウスピースを使用したことにより顎周辺のバランスが崩れた状態がしばらく続いたことによって引き起こされたのかなと推測。

そもそもつけた時から違和感で吐きそうだったので。

体が防衛反応を示してくれていたのに、やらなきゃいけないからと思って、そっちを無視してしまったんですねー。

痛みを治す方法

すぐに痛みが取れる方法ではないけれど、そういった筋肉の痛みを取るには、違和感のある部分の、本来の働きを取り戻すこと。

左右ともに

内臓があるから完全に左右対象とはいかない

と、言いつつも、右手も左手も、右の股関節も左の股関節も、どの部位の左右とも均等に動かせるのが理想的。

特に日本人は、平たい人が多いので、左右のズレが出ることが多いらしい。

ちなみに体の丸い人たちは、前後でズレが出やすいんだって。

スポーツなんかやっていると、左右対象でないことの方が多いので、どちらかに偏っていくのは目に見えていいるよね。

スポーツに限らず、オフィスワークでも、普段バッグを持つ手も、どちらの足から踏み出すかだって、その人の体の癖が出てくるわけで。

気がついた時だけでいいから

「いつもこっち使ってるから、今回は反対にしてみよう」

とか、試すことを習慣にできると、原因不明の違和感やら痛みとサヨナラできる日が来るかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました