アベコベでたまにわからなくなる事もあるけれど。

未分類

『前でも後ろでもないバランスで前に行きながら後ろに行って、反っているようで反っていない状態』

なぞなぞでしょうか。

いえ、私が踊るときに考えている状態です。

これだけ見ると本当になんのことだかわからないですね笑

こんな状態を目指して、日々レッスンでも習っている先生にも修正していただいているわけですが

これがまた、全部バラバラに修正されるのです。

バラバラに修正されるから、なかなかまとめるのが難しい。。。

しかも、競技ダンスの場合2人いるから、さらに難しい。

男性と女性で考え方も違う。

個人個人でもともとの立っているバランスも、感じている感覚も、受け取り方も違う。

私が後ろに行っているから、先生やパートナーは「もっと前」という。

今度、私が前に行きすぎたら、先生やパートナーは「もっと後ろ」という。

こんな状態を繰り返しながら、徐々に踊れるバランスを見つけていく感じ。

弥次郎兵衛(やじろべえ)の左右の重さを調整していくような感覚。

右に傾きすぎていたら、右の重りを少し軽くするし、軽くしすぎたら左をまた調整する。

そうしてバランスは整っていくのです。

そんなバランスと向き合いながら、バリバリもりもり動くための回路を育てていく。

や、どちらかというと私は、動く回路が先に作られているタイプだから、後からバランスを身につけている感じだ。

なるほど、私はもりもり踊るためにバランスと向き合っているんだな〜。

確かに、バランスを修正されている中でも、隙あらば動こう仕掛けようとタイミングを見計らっている笑

話が外れてしまった

だから、

「この前は前って言ったじゃない」「この前は後ろって言ったじゃない」というセリフは不毛。

後ろに行きすぎているから「前に」って言われるし

前に行きすぎているから「後ろに」と言われるのです。

何事も、前になりすぎず、後ろになりすぎず、なんなら右すぎず左すぎず、いつでもどこでもどんな風にでも動けるバランスを目指したいというわけです。

明日も練習がんばろーーっと!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました